toggle
日記
2017-06-06 | 日記

医薬部外品でゆっくりと育毛しよう

医薬部外品の良い点は、頭皮に大きな刺激を与えずにゆっくりと育毛を続けることができる点です。育毛剤の中には、頭皮の環境を劇的に変化させて育毛を実行しようとする製品があります。例えば、ミノキシジルが含まれている製品はその典型で、ミノキシジルが含まれている製品は医薬部外品ではなく医薬品に指定されています。ミノキシジルは人間の血管を拡張させる効果がありますので、頭皮だけではなく他の身体の部位に対しても影響を与える可能性があります。これは、ミノキシジルが含まれている医薬品にも注意書きがありますので、すでに血圧などに関する病気にかかっている人は必ず説明を聞いたり読まなくてはいけません。一方で、医薬部外品ではこうした心配がありませんので長期的に使っても安全に利用することができます。低刺激で頭皮の改善を続けることができるので、育毛にも最適なのです。

▼脱毛症トピックス▼
脱毛症の進行にSTOP!ハゲ・抜け毛を改善する方法

2017-05-06 | 日記

焦らずに地道に育毛対策を実行しています

急に育毛対策を行っても劇的に髪の毛が生える訳では無いので、育毛剤を塗るなどの対策で効果が無いと実感しても焦らないで地道に育毛対策を計画的に実行します。
医師やクリニックのスタッフから言われた通りの対策を実行して、半年から1年のプランでやってきた育毛対策が実際に望み通りの結果に繋がったかどうかを鏡などを使って確認します。薄毛が改善された箇所は引き続き今までのやり方で育毛対策を行って、効果が出ない箇所を発見した時に皮膚科の医師から再度アドバイスを受けます。
医師などから言われたアドバイスを基本として、勧められた育毛剤を活用したり、育毛に繋がる食べ物を選別しながら食生活を送っています。正しい方法で実践すれば薄毛は改善する事を言われたので、医師などと相談しながら育毛対策に徹底します。

2017-03-11 | 日記

食事で亜鉛を確保する薄毛対策

私が毎日の薄毛対策で最重要としているのは食事です。シャンプーや育毛剤を使って育毛対策をしていると、頭皮を清潔にしながら血行促進効果を高める等の良い効果を得ることができますが、それよりも髪の毛の材料を頭皮に集めることが最重要となるはずです。
実際に、ミネラル成分を重要視した食事をするようになってから、髪の毛のコシが出てきたように感じられます。特に亜鉛については通常の食事で摂取量が足りていない可能性が高いと言われている成分であり、牡蠣やアサリ、豚のレバーなどを食べるようにしています。
ただ、毎日のように食べる事は難しいので、亜鉛が含有している育毛サプリをりようしています。十分に栄養分を確保出来れば、髪の毛が根元から立ち上がるパワーが増していることが実感できるようになりました。